野球の魅力は攻撃と守備が区分されて敵味方入り乱れないこと

野球をするときの魅力は攻撃と守備のエリアと役割が区分されて敵味方入り乱れないないでプレーができるということ

野球の魅力は攻撃と守備が区分されて敵味方入り乱れないこと

野球の魅力は攻撃と守備が区分されて敵味方入り乱れないこと 野球をするときの魅力は攻撃と守備が明確に区分されているということです。その野球をする場合は9回までそれぞれ表と裏があり表で攻撃するならば裏は守備となりまして、それを交互に繰り返すようになっています。そのためプレーをする側からしてみればメリハリのあるプレーができることになります。そして攻撃する場合はサッカーやバスケットのように全員が一気にフィールドに出てプレーをするわけでなく、打者として1人ずつ打席に入るので全員が一気にプレーをする必要はなく打者と走者以外はベンチで休めるのが魅力でもあります。

そしてもう1つの魅力はこのゲームの場合は敵味方のエリアと役割が明確に区分されているということです。というのはサッカーやバスケットは攻撃プレーヤーや守備プレーヤーがいて基本的な配置があるとはいっても基本的には1つのボールを敵味方入り乱れてプレーをしていることに変わりはありません。しかし野球の場合は1つのボールを巡って敵味方が奪い合いをするということはありません。基本的になプレーの仕方は守備側の投手が投げてそれを打者が打ったら1塁を目指して走るというスタイルです。つまり攻撃チームは攻撃する場所と走る場所とそのルールが決められているのです。ゆえにサッカーやバスケットなどに比べると明確なエリアが形成されているので見やすくプレーしやすいのです。

おすすめ情報